純国産中江専用桜肉の風味は生でより引き立ちます。クセや臭いが無く淡白でありながら、柔らかく口でとろけるような肉質、桜肉独特の肉の旨味、程良い脂の甘みをお楽しみください。 真紅の肉は新鮮な証拠。 中江自慢の馬刺しです。
馬刺し 1人前
中江の馬刺しは生姜で

馬刺しには一般的に「にんにく」を添えている飲食店が多いようですが、中江では「生姜」を添えています(バラ肉はおろしわさび)。その理由は『肉が新鮮だから』。にんにくは馬刺しの臭みを消すために添えられていますが、中江の桜肉は都度、産地から冷凍せずに送られるので、常に新鮮で嫌な臭いがありません。その肉の風味を損なわないよう、にんにくではなく生姜を使っています。

馬刺し盛合せ
タロタロユッケ 世界的芸術家の一言で生まれた中江の名物料理
馬刺し握り寿司 桜肉は極上の寿司ネタ

ロース       ・・・ 2,000円

  桜肉のスタンダード。滋味あふれる深い味わい。

バラ        ・・・ 1,800円

  旨味たっぷりの脂身が特徴、

  生わさびの辛味がバラ肉に

  とても良く合います。

  コラーゲン豊富で美容にも

  お奨め。

霜降り       ・・・ 3,800円

  赤身と脂身の調和が絶品。人気の一品。

巻ロース      ・・・ 4,800円

  極上の巻ロースを馬刺しで堪能。

  至福の瞬間が味わえる特別な一品。

脂の旨味がクセになるバラ

ゴマ油の風味が桜肉を引き立てます

馬刺し三種盛り  ・・・ 4,800円

 ロース、バラ、霜降り

馬刺し五種盛り  ・・・ 8,800円

 ロース、バラ、霜降り、巻ロース、タロタロユッケ

「おやじ、僕がフランスでよく食べたタルタルステーキをこの店でも食べられるようにしてくれ」

 

常連だった岡本太郎画伯の一言で、三代目店主が考え、そして生まれた中江の名物メニューです。ごまの香り高いユッケ風に仕上げました。

岡本画伯のお名前から「タルタル」ならぬ「タロタロユッケ」と名付けました。

タロタロユッケ  ・・・ 1,480円

タロタロユッケ大(2~3人向)   2,880円

酢飯と相性の良い桜肉は最上の寿司ネタです。真紅の桜肉と白いシャリ、ちょんと乗った黄色の生姜と若草色のワサビ、脇を添えるピンクのガリ。色を愛でるのも楽しみのひとつです。

握りロース(2貫)       780円

握りバラ(2貫)       1,180円

握り霜降り(2貫)      1,380円

握り巻ロース(2貫)     1,580円

 

<握り盛合せ>

3貫握り           1,780円

  ロース、バラ、霜降り 各1貫

4貫握り           2,580円

  ロース、バラ、霜降り、巻ロース 各1貫

Copyright 2016 桜なべ中江 All rights reserved.